EternalWindows
リストビュー / アイコン表示

今回は、リストビューをアイコン表示します。 次に、アイコン表示の例を示します。

上図のように、アイコン表示ではアイテムのアイコンと名前が表示されるようになります。

リストビューをアイコン表示に設定した場合、アイテムはアイコンと共に表示されることになります。 アイコン表示を行うには、アイコンを格納したイメージリストのハンドルをListView_SetImageListに指定します。

HIMAGELIST ListView_SetImageList(
  HWND hwnd,
  HIMAGELIST himl,
  int iImageList
);

hwndは、リストビューのハンドルを指定します。 himlは、イメージリストのハンドルを指定します。 iImageListは、イメージリストのタイプを表す定数を指定します。

今回のプログラムは、リストビューをアイコン表示で作成します。 表示されるアイコンは、カレントディレクトリに存在するファイル群のものです。

#include <windows.h>
#include <commctrl.h>

#pragma comment (lib, "comctl32.lib")

void InsertListViewItem(HWND hwndListView);
LRESULT CALLBACK WindowProc(HWND hwnd, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam);

int WINAPI WinMain(HINSTANCE hinst, HINSTANCE hinstPrev, LPSTR lpszCmdLine, int nCmdShow)
{
	TCHAR      szAppName[] = TEXT("sample");
	HWND       hwnd;
	MSG        msg;
	WNDCLASSEX wc;

	wc.cbSize        = sizeof(WNDCLASSEX);
	wc.style         = 0;
	wc.lpfnWndProc   = WindowProc;
	wc.cbClsExtra    = 0;
	wc.cbWndExtra    = 0;
	wc.hInstance     = hinst;
	wc.hIcon         = (HICON)LoadImage(NULL, IDI_APPLICATION, IMAGE_ICON, 0, 0, LR_SHARED);
	wc.hCursor       = (HCURSOR)LoadImage(NULL, IDC_ARROW, IMAGE_CURSOR, 0, 0, LR_SHARED);
	wc.hbrBackground = (HBRUSH)GetStockObject(WHITE_BRUSH);
	wc.lpszMenuName  = NULL;
	wc.lpszClassName = szAppName;
	wc.hIconSm       = (HICON)LoadImage(NULL, IDI_APPLICATION, IMAGE_ICON, 0, 0, LR_SHARED);
	
	if (RegisterClassEx(&wc) == 0)
		return 0;

	hwnd = CreateWindowEx(0, szAppName, szAppName, WS_OVERLAPPEDWINDOW, CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT, NULL, NULL, hinst, NULL);
	if (hwnd == NULL)
		return 0;

	ShowWindow(hwnd, nCmdShow);
	UpdateWindow(hwnd);
	
	while (GetMessage(&msg, NULL, 0, 0) > 0) {
		TranslateMessage(&msg);
		DispatchMessage(&msg);
	}

	return (int)msg.wParam;
}

LRESULT CALLBACK WindowProc(HWND hwnd, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
	static HWND hwndListView = NULL;
	
	switch (uMsg) {
		
	case WM_CREATE: {
		HIMAGELIST           himl;
		SHFILEINFO           fileInfo;
		INITCOMMONCONTROLSEX ic;
		
		ic.dwSize = sizeof(INITCOMMONCONTROLSEX);
		ic.dwICC  = ICC_LISTVIEW_CLASSES;
		InitCommonControlsEx(&ic);
		
		hwndListView = CreateWindowEx(0, WC_LISTVIEW, TEXT(""), WS_CHILD | WS_VISIBLE | LVS_ICON, 0, 0, 0, 0, hwnd, (HMENU)1, ((LPCREATESTRUCT)lParam)->hInstance, NULL);
		
		himl = (HIMAGELIST)SHGetFileInfo((LPCTSTR)TEXT("C:\\"), 0, &fileInfo, sizeof(SHFILEINFO), SHGFI_SYSICONINDEX | SHGFI_LARGEICON);
		ListView_SetImageList(hwndListView, himl, LVSIL_NORMAL);
		
		InsertListViewItem(hwndListView);

		return 0;
	}
	
	case WM_SIZE:
		MoveWindow(hwndListView, 0, 0, LOWORD(lParam), HIWORD(lParam), TRUE);
		return 0;

	case WM_DESTROY:
		PostQuitMessage(0);
		return 0;

	default:
		break;

	}

	return DefWindowProc(hwnd, uMsg, wParam, lParam);
}

void InsertListViewItem(HWND hwndListView)
{
	int             i = 0;
	TCHAR           szDirectoryName[256];
	HANDLE          hFindFile;
	WIN32_FIND_DATA findData;
	SHFILEINFO      fileInfo;
	LVITEM          item;
	
	GetCurrentDirectory(sizeof(szDirectoryName) / sizeof(TCHAR), szDirectoryName);
	lstrcat(szDirectoryName, TEXT("\\*"));

	hFindFile = FindFirstFile(szDirectoryName, &findData);

	do {
		if (lstrcmp(findData.cFileName, TEXT("..")) != 0 && lstrcmp(findData.cFileName, TEXT(".")) != 0) {
			SHGetFileInfo(findData.cFileName, 0, &fileInfo, sizeof(SHFILEINFO), SHGFI_SYSICONINDEX);

			item.mask     = LVIF_TEXT | LVIF_IMAGE;
			item.iItem    = i;
			item.iSubItem = 0;
			item.pszText  = findData.cFileName;
			item.iImage   = fileInfo.iIcon;
			ListView_InsertItem(hwndListView, &item);

			i++;
		}

	} while(FindNextFile(hFindFile, &findData));
	
	FindClose(hFindFile);
}

イメージリストの作成はImageList_Createという関数で行うことができますが、 今回はシステムに既定で存在するシステムイメージリストを使用するため、 SHGetFileInfoという関数でこれを取得しています。 第5引数にSHGFI_SYSICONINDEXを指定すると戻り値にイメージリストのハンドルが返ります。 これをListView_SetImageListに指定すれば、 リストビューのアイコンは設定されたイメージリストを参照します。。

InsertListViewItemでは、カレントディレクトリに存在するファイルの名前を基にアイテムを追加しています。 ディレクトリ内のファイルを参照するという関係上、内部が少し複雑になっています。

void InsertListViewItem(HWND hwndListView)
{
	int             i = 0;
	TCHAR           szDirectoryName[256];
	HANDLE          hFindFile;
	WIN32_FIND_DATA findData;
	SHFILEINFO      fileInfo;
	LVITEM          item;
	
	GetCurrentDirectory(sizeof(szDirectoryName) / sizeof(TCHAR), szDirectoryName);
	lstrcat(szDirectoryName, TEXT("\\*"));

	hFindFile = FindFirstFile(szDirectoryName, &findData);

	do {
		if (lstrcmp(findData.cFileName, TEXT("..")) != 0 && lstrcmp(findData.cFileName, TEXT(".")) != 0) {
			SHGetFileInfo(findData.cFileName, 0, &fileInfo, sizeof(SHFILEINFO), SHGFI_SYSICONINDEX);

			item.mask     = LVIF_TEXT | LVIF_IMAGE;
			item.iItem    = i;
			item.iSubItem = 0;
			item.pszText  = findData.cFileName;
			item.iImage   = fileInfo.iIcon;
			ListView_InsertItem(hwndListView, &item);

			i++;
		}

	} while(FindNextFile(hFindFile, &findData));
	
	FindClose(hFindFile);
}

カレントディレクトリのフルパスは、GetCurrentDirectoryで取得することができます。 文字列の最後に\\*を連結しているのは、FindFirstFileを呼び出すためです。 この関数は、指定されたディレクトリを走査するハンドルを返し、 FindNextFileを呼び出すことで、ディレクトリ内のファイルの情報をWIN32_FIND_DATA構造体で取得できます。 後は取得したファイル名をアイコンのテキストとしてアイテムを追加することになりますが、 今回はリストビューにイメージリストを設定しているため、 イメージリストのインデックスも指定する必要が生じます。 このためには、SHGetFileInfoでSHFILEINFO構造体を取得し、 iIconメンバをLVITEM構造体のiImageメンバに指定することになります。 iImageを初期化する関係上、maskにLVIF_IMAGEを指定します。 ちなみに、lstrcmpのif文は上位のディレクトリと現在のディレクトリを考慮しないために存在しています。


戻る